プロテクト乳酸菌は、乳酸菌の長い歴史からすれば、つい最近発見・発表された新参者の乳酸菌です。

最近の乳酸菌のトレンドは「生きたまま腸へ」です。
口から摂取した乳酸菌が、胃や小腸を通って大腸に、生きた状態でたどり着くのは大変なことです。そもそも胃や小腸は食べた物の栄養分を消化吸収するのが役目なわけですから、相手が乳酸菌だって分解して消化吸収しようとするわけです。

しかしながら、新型?の「プロテクト乳酸菌」は、分厚い細胞壁を持ち、酸に強い性質を持っていることから、うまく胃や小腸をすり抜けて大腸に到達できるわけです。このあたりが「プロテクト」と呼ばれる理由の1つです。

さらにプロテクト乳酸菌は免疫力を強くする働きが強いんです。インフルエンザ罹患について実験を行ったところ、プロテクト乳酸菌を与えたマウス群は、与えなかったマウス群に比べて、明らかにインフルエンザに罹患する割合が低かったのです。
プロテクト乳酸菌が直接インフルエンザのウィルスと直接対決するわけではありませんが、免疫力を高めて、私たちの身体を守って(プロテクト)くれるようです。これが名前の由来の2番目です。

プロテクト乳酸菌は、ヨーグルトのような液体やドロドロ状態のものは売られていません。サプリメントの形でのみ販売されています。サプリメントの方が「頑丈!」「丈夫!」というイメージで効果がありそうですよね。